読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pakin’s blog

主に創作を主体とします。ただし、人権無視の最たる原発問題や、子どもの健康や命を軽んじる時事問題には反応します。

花と人間






蓮の花の二番花の蕾が大きく膨らんできた。

今春初めて我が家に来たばかりなのだから
そんなに頑張って花をつけなくてよいよ。


一番花より更に高くその細すぎる茎を伸ばし。
重き蕾を青空に届けたいのか。


そうか、お前も精一杯に生きたいのだな。
少しの強い風が吹いたらすぐに折れそうなか細い首を精一杯に伸ばし、青空に花を届けたいのだな。


野山の花たちもみな同じく
小さな庭の草木も同じく
いや、
ハチもモン太郎もナナもミーも
いや、地球上の生きとし生けるもの全てが命を精一杯に咲かせているのだ。




ソマリア飢饉で2年間に幼児約13万人が死亡。
世界では約8億500万人が飢餓に苦しんでいます。

日本では、子どもの貧困率は16.3%と過去最悪を更新しています。1日子ども1人の食費は、わずか329円。日本の6人に1人の子どもが「飢えている」。しかも、その多くの貧困家庭が生活保護を受けていない。



そんな報道がさらりと流れていく。



1兆7760億米ドル
人類が殺し合うために1年間つぎ込んだ軍事費。
120円円換算、2百13兆1200億円
日本は458億米ドル。換算で、5兆4960億円。




平和を守るためという各国の大義名分は同じだ。
笑える。各国平和を守るためと途方も無い金額を毎年消耗している。

しかし、肝心要な人々の声を忘れていないか?

誰も戦争など嫌だ!殺し合うのは嫌だ!





飢 えも救えず、貧困家庭を放置し、入院患者は90日で放り出し、医療を株主に売り渡そうとし、介護は保険料を払わせながら在宅に放り込み、学校は成績序列を 付け進学高には重点配分という露骨な差別を行い、社会人になれば派遣会社が待ち受けている。いや、貧困家庭の子どもには自衛隊員の道を用意している。





そんな報道がさらりと流れて、今日はこの平和な国、平和だけが取り柄であったこの国で戦争参加派遣法が採決されようとしている。


生きとし生けるもの全て、ではなかった。

人間だけが他人の命を粗末にゴミの様に扱い、救えるはずの子どもの餓死を忘れて政治利権に狂奔する。


人間は生まれて来て間違いだったのか。
球蹴り場に3000億円プラスアルファ。
欲で気が触れたか。


生きとし生けるものの中で人間だけが壊れた存在となってしまったのか。



蓮の花よ
真っ直ぐに天を仰ぎ花をつけよ。




.

茎が伸び過ぎたかやや曲っています。
モン太郎はひんやり石畳の上で風に吹かれてぐっすりです^_^