読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pakin’s blog

主に創作を主体とします。ただし、人権無視の最たる原発問題や、子どもの健康や命を軽んじる時事問題には反応します。

青空    和歌




    午後4:45暗く汚れた通勤の路
          人ごみの側ホームレス蹲り



年末に消えたホームレスの婆さん・・・あのイカレタオリンピックのためにどこかに「監禁」されているのか。きちんと丁寧に折り畳んであった布団毛布は近くの店員に放り投げられやがて始末された。その毛布や布団の姿は我らが姿である。





    午前0時救急の時を選ばず泥酔の
           女子手当する若き看護師




医師は救急なければ寝てて良い。看護師介護士は夜勤の場合仮眠1~2時間で16時間労働である。午後5時より明朝9時半。いくら手当がつき、翌日休みとはいえ、これは余りに過酷な勤務であろう。薄給。
そんな人たちー看護師介護士に限らずーの過酷さの上に私たちの生活がある。




    午前3:43オリオン輝く空の下
          ベッドを巡る介護士の声



前に同じ。
介護士は患者の身の回り一切を引き受けて精魂使い果たし勤務を終える。週1回の夜勤でもきつかろう。若ければそれでもなんとか務まる。60歳近いの介護士の女性は両膝を手術していた。それでも生き抜かねばならない。
激しい肉体労働であり且つ愛情を含めた高い精神性を試される仕事だ。

彼ら彼女らの過酷を知らねばならない。

戦前の医療現場の軍隊の如きヒエラルキーそのままである。ふざけんじゃねえよ。無反省な戦後政治は遂に戦前回帰に戻りたがっている。




    午前8:30扉を開けて帰途に就く
          いっときの清浄刃のごとく



私としてはその開放の瞬間が一番心地よい。
冷気と眩い朝日がこの汚れた街にもひと時の清浄をもたらす。







「ザ・ブルーハーツ 青空 」
曲は若くなった気分で^^。
若くなって、といってもせめて中学生までは戻って頂かないととても聴けません^^。

「神様にワイロを贈り
天国へのパスポートを
ねだるなんて本気なのか?
誠実さのかけらもなく
笑っている奴がいるよ
隠しているその手を見せてみろよ」

 

f:id:pakin:20160112214254j:plain

www.youtube.com