読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pakin’s blog

主に創作を主体とします。ただし、人権無視の最たる原発問題や、子どもの健康や命を軽んじる時事問題には反応します。

Born Free



 弥生の雨はやさしい音を立てて降り注ぎます。
公園を犬の散歩で歩く娘さんも愛犬も雨音を楽しんでるでしょうか。

 私は子どもの頃から美しいものに憧れを持っていたようです。水たまりに映る青空もビー玉のガラスに映る青空も廃墟も。
 遠い過去ながらフラッシュバックのように鮮やかに蘇ります。たくさんの古ぼけた写真が雨音のように降り注ぎます。こんな時は何も手につきませんから、せいぜい文章にして楽しむのです。音楽も楽しめます。



くだんのへんてこりんなお婆さんも思い出します。
彼女は独身を通し育てた甥に施設に送り込まれました。
「あの場所に忘れ物をしたから取りに行く。一緒に」
そして彼女は施設で暮らすのです。

「あのね、私、日本にどうすべきか悩んでるの」
えらいですね!
それで、どうすべきですか?
「あのね・・・日本はなくなればいいと考えてるの」
アハハ!私と同じ考えですね!握手!
へんてこりんなお婆さんも手を打って笑います。

そう、彼女は認知の進む頭で必死に考えていたのです。
なぜ、こうなったかを。

「私って、自分がなんなのかわかんないのよ」
「私、どうしてここにいるのかわかんないのよ」

戦前から弁護士だったお父さんは帰宅はいつも夜中だったそうです。そのお父さんの明晰さを彼女は感じさせます。

おそらく、甥御さんはやむに已まれずの事情で彼女を施設に預けたのでしょう。まあ大概は同じですが。

「あのね・・・日本はなくなればいいと考えてるの」

彼女の結論でした。
一生懸命育てた甥御さんがなぜそんなふうになったか。
甥御さんの苦悩を慮りながら、自分が甥御さんを追い詰めた不憫さを感じながら。日本という社会を見据えながらの結論と私は受け取りました。

「こんなことしてらんない、早く帰らなくちゃ」

ふと我に返りすぐに我を取り戻し、腰を浮かした椅子に座り込みます。



思い出してしまいました。
6回勤めてまた辞めましたから。
6回目、夜勤となりましたが、募集の勤務条件に嘘があったからです。夜勤の18時間中2時間仮眠とれると。実際はワンフロア―9人の方を一人で見るのです。夜勤の「指導」担当のおじさんは、午前3時過ぎに私の前で元医師のじいさんに事故を起こしてしまいました。私がいなければ腰椎頚椎の損傷を生じかねませんでした。夜勤1人。実に危険なことを会社は増益のために人件費を削り、平気なのです。人出不足ではないのです。
さて、その指導担当は事故報告(義務)をしたでしょうか。勤務交代時の申し送りでは申告しませんでした。そこで私は交代の女性にそっとその事故を教えました。

その夜勤明けで私は電話で退職を告げましたが、その中で、責任者のあなたに事故報告が上がりましたかと尋ねました。ノーです。驚いている様子で事故の仔細を聞いてきました。その3日後、茶地区のバカ女施設所長が電話で「会社書式の退職届があるから書いてもらわねばならないので来てくれ」と偉そうに言ってきました。温厚な私はしようがない連中と思いながら出向き、大げさ極まるB4の用紙に記入押印しましたが、その欄に退職理由欄があったので、「会社都合」と記しました。すると、また3日後に本社から電話で、「会社都合」は困るから「自己都合にしてくれないか、と丁寧な言葉で依頼されました。もちろん丁寧に説明しました。虚偽の募集ですよ、かつ、一人夜勤がいかに危ないか知ってるでしょう?目の前で事故が起きましたよ。すべて会社責任です。労基署も動きますよ、と優しく伝えて一件落着。結局事故報告制度は全く機能していませんでした。怖いですねえ。


まてよ、一件落着ではありませんでした。
大きな株式上場会社によって作られた人出不足問題ですから、夜勤時に入居者の入浴実態を記録から写真に撮り入手しました。退職後に区議都議の議員を通し、役所に通報してもらいました。もちろん、これを単体の施設の問題として終わらせないよう釘を刺しました。入浴問題から探れば全国的なゼニ儲けのための非人道的施設の実態が明らかになるはずです。福祉課はどう動くでしょう。お楽しみです。



さてさて、徒然に書き出すと、また重苦しい話題になりました。へんてこりんなお婆さんの、ふとこぼした言葉に私は同感します。なくなればいい。まあいずれ滅ぶでしょう。国民に多大な犠牲を強いながら。権力はその愚かさで愚かな国民とともに自滅します。


美しさに憧れる私の性質は結局変わりませんでした。
終わりに、美しい音楽と、その美しい写真の入った動画を載せます。自然も動物たちも、かくも美しい。動物好きの方なら楽しんでいただけると思います。ご覧になってらっしゃる方にはごめんなさい。



写真
勤め始めたころ、ボロアパートで。

f:id:pakin:20170302164203j:plain

www.youtube.com