pakin’s blog

主に創作を主体とします。ただし、人権無視の最たる原発問題や、子どもの健康や命を軽んじる時事問題には反応します。

カミュ『ペスト』メモ2

・不条理というものは、世界のあらゆるところに存在する人間固有の本質でありすべてである。各人の出自(出生)から人生を生きるに伴うその無数の中での出会い、偶然と必然。属性。その最大のものは生死にかかわる不条理である。その病や争い。さらに外延と…

カミュ『ペスト』メモ1

・ 以下カミュ『ペスト』昭和49年発行新潮文庫より。自分の読書メモです。何回かに分けて続けます。コメントは勿論ご随意に宜しくお願い致します。 高校以来久しぶりにカミュを読んだ。高校生と言っても幼い私にはぼんやりとしか掴めない作家だったが、今、…

短歌の暴力性について

・ いまさら安部夫妻の愚をあげつらっても仕方がないが、安部首相は無知蒙昧の恥を国益毀損してまで晒す。もちろんこの男は「国益」=「自分の権力」でしかないので、世界の嘲笑などロバの耳には入らぬ。自国民さえ己を支持するように仕向ければこの民主主義…

那奈挽歌

・ 花野にて我を待つらん那奈もがも 生くるべくして去りぬ汝を見ゆ 早いものだ。 2年前の今日。 この子も保護されて来た。 全く穏やかで争うことは一度もなく安らかな日々だった。 ・

和歌の愉しみー講義内容-

以下、1月26日、地元での講義内容です。中身は以前書き留めたものに手を加えたものです。楽しい時間を過ごさせていただきました。 源氏物語 紅葉賀 渡辺玉花作 一 言葉 子曰、書不盡言、言不盡意。 「易経」繋辞上伝 子曰く、書は言を尽くさず、言は意を尽く…

病院短歌

丁度3年前、2016、01、12 に書いたものを若干改稿したものです。 ・ 午後4:45暗く汚れた通勤路 人ごみの脇ホームレス蹲り 年末に消えたホームレスの婆さん・・・黒光りした皺くちゃのポパイそっくりの顔でたまに近くの安いカフェで煙草をふかしていた。…

「たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる……」

・ 『焼肉ドラゴン』『高度経済成長期の真っ只中、万国博覧会が開催された1970年。関西の地方都市の一角で、小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む龍吉(キム・サンホ)と妻・英順(イ・ジョンウン)は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭なな…

2019ニューイヤーコンサート

昨日、オーチャードホールでニューイヤーコンサートを聴いた。 ニューイヤーコンサートなど行ったことがなかった。正月は自宅で過ごす習慣であるが今回は娘の招待ということだった。「2時に池袋に来て」何をしたいのかさっぱりわからぬが何か起こることは察…

嫌われPakinの元旦の毒舌

2017年度の十代の自殺者数 「学種別でみると、▽小学生 11人(男6人、女5人)▽中学生 108人(男69人、女39人)▽高校生 238人(男166人、女72人)▽大学生 356人(男265人、女91人)▽専修学校生等 104人(男71人、女33人)。 教員の自殺者数は103人(男78人…

今年の纏めの歌

・ 碌山美術館 安曇野のひまわり迎へる道の辺の常念岳の見おろす館 後ろ手に空を見上げし裸女ひとり碌山の夢永久のかたちと 白馬登山 はなよ舞へ命ふるへしさまのごと風のごとくや花の白馬は 求めきて花うるはしみ頂にましろき雲の湧きいづるかな 堀辰雄記念…

紅旗征戎吾ガ事二非ズ

・「世上乱逆追討雖満耳不注之 紅旗征戎非吾事」 藤原定家『明月記』 堀田善衛の『定家明月記私抄』からの引用だが、この本は畢竟この一文に尽きるし、この文を広めてくれた功績は大きい。 (訓読)世上乱逆追討耳ニ満ツト雖モ、之ヲ注セズ。紅旗征戎吾が事…

今日の短歌

・ ある人が「たちばな」をお詠みになったのでかへし 橘を守(も)る人ありとや聞こえなん 夢の玉藻も人も非時香果(ときじくのみ)橘伝説https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B8%E4%B8%96%E3%81%AE%E5%9B%BD田道間守の項目をどうぞ。玉藻の前伝説http://www…

クリスマスの思い出

・ まだ昭和35年頃。場所は大阪港波止場。夜、欧州航路に乗船する父を見送りに行った。母は弟を背負っていた。私は手にサンタのお面の菓子袋を抱えていた。嬉しかったのだろう。鮮明に覚えている。 我が子を育てるようになるとそのプレゼントは行事となった…

歌会月次会

・ 題 時雨 時雨ふる里の守り人いかあらむ遠く去りての思ふ師走に (故郷は3・11の被災地です) 題 霜 里山に霜をく菊の風に耐へ道ゆくわれに頷きてあり (「をく」とは招来の意) 題 除夜明日をまつ除夜の神々松のゑの風の音にもこゑ請け侍る (一応「賀」…

和歌唱和

・ 乃東(なつかれくさ)に唱和いたします。 紫の匂へる衣を茎にたつ乃東の西行のゑみ 栃の紅姫に唱和いたします。 雪の野にいでたつ君の赤き頬もろ手包みてさすりてしがな (頂いたお歌は栃の紅姫という苺のもの) ・

短歌

あけぼのをまとひ降りくる夢を見ぬ秋終わりぬるも冬にみんとぞ 庭にゐて秋月之夜のかそけきに葉擦れの音かな声のするやう 雨上がる朝の光の紅葉の静かな秋の時も過ぎゆく 窓辺より流れ溢るる大銀杏眠れる母も染まりて居りし 聴こえしや銀河の音の囁く夜雨だ…

『やすらへ。花や。』

・ 萩岡良博著『やすらへ。花や。』を、私としては久しぶりに購入した。昔は関心があれば書籍は片端から求めていたが、年金暮らしとはこういうものだと実感する日々である。 さて、この書物の帯に「どこかで、だれか、呼ぶような。」という言葉が記されてい…

和歌3首

・ 平成和歌所での歌の交換です。本来相手方の歌が寄せられて、返歌を出します。 廃線の冷たきレール冬日照りただ森閑とゆく末もなし 残照の消失点に進むなる信濃追分冬枯れの鉄路 冬枯れの深山の里の湯けむりに安んずるごと歌のやさしく 入会したてですが、…

漢字能力検定協会とかいう利権団体が清水寺の貫主に書かせている、今年の世相を表す漢字だと。 今年じゃなくて毎年だろ?と突っ込みたくなるのだが、喉元過ぎればすぐ忘れる国民こそが「災」の元凶であるとは、漢検団体自体災いだが、清水寺貫主はそれくらい…

クロマティ高校

・ クロマティ高校・・・いや私の勤務していた高校のことではない。似たようなものだが・・・ 日本一のアホ高校「クロマティ高校』のギャグ漫画の名前である。 お気に入りさんの日記に「フレディ・マーキュリー」のお話が出てて、つい思い出してしまった。そ…

「法案に賛成する者は2度と『保守』と名乗るな!『保身』だ!経団連の下請け」

東洋経済オンライン「普通の日本人が知らない「貧困」の深刻な実態親→子→孫へと連鎖し、高齢者にも広がる」https://toyokeizai.net/articles/-/221708?page=4以上の記事だけでも日本人の貧困の実態がわかる。入管法改正案についての採決時の山本太郎議員の発言…

秘花 七首

甕にさす白百合の花一輪の月影蒼くそは映ゑゆけり 白甕の肌に触るるは白百合の風に頷く冬月の影 あまき水したたりおつる花の奥甕に沈みぬ音も知らぬに 白甕の円き素肌のひんやりと花の熱きも湛えてありなむ きよらけく咲ける白百合その花の香満ちぬる冬月の…

夢の続きにオルティガ・カバジュナ・ブランカ

www.youtube.com 瞳の奥の断層・・・ 夢の続きにオルティガ・カバジュナ・ブランカ (アントニオ・バントーハの「光のひとみ」によせて。以下の語句の殆どが曲名を使用しています)・きらめく波濤の遥かかなたトパーズのなかの灰色の瞳の黒髪流れるサンティ…

書は言を盡さず,言は意を盡さず 改稿

・周易繋辭上傳に有り書は言を盡さず,言は意を盡さずと。書物は言葉を十全に満たすものではなく言葉もまた意を十全に満たすものではないと。むかし霧に包まれた林の中にカッコウの声を聴いた詩人がいた。詩人はそのカッコウの声の響きに深い人間存在の孤独…

夢の絵3

・ {子殺しのさきはふ国のまなこらは闇に隠れぬ冬ごもりおり} 夢を見たかいこの世には裏も表もあるそうだが本当かい在るのは実は夢だけだ真実の夢さ 壁の中に消えたわがともがらよ浴槽の中で手首を切りあるいは炎熱の東北の古道の草叢に斃れ死屍は野積の吹…

夢の絵2

2 堅物の漱石が第一夜のことだが女の夢を見た横たわる女は長い睫の間から涙を落として死んだ「百年待っていて下さい」 夢は反転し涙で実在と仮象がするりと入れ替わった漱石の女は眞白な百合の花となり百年後に月の上で邂逅を果たしたのだった 在るのは実は…

夢の絵1 夢を見たかいこの世には裏も表もあるそうだが本当かい在るのは実は夢だけだ 夜汽車の重い車輪の響きと汽笛の闇を覚えているか郷愁とともに思い出したらそれは夢だ思い出とはすべて夢なのだから つるりと塗装された木の座席の背もたれ車内灯の橙色が…

夢で逢いましょう

・ 夢で逢いましょう なんていうのが昔あったなたまにひょっこり記憶の闇から顔を出してくる ゆ~~めで あいましょ~~~う♪ こんな感じだったか 忘れているはずの記憶のやみから音符つきで・・・嘘です・・・俺は・・・ 告白! 小学4年時音楽の授業で紙の…

泥中の蓮

・ 泥中の蓮とは「泥中の蓮とは、汚れた環境の中にいても、それに染まらず清く正しく生きるさまのたとえ。」と辞典に述べられて、その通り流布されているのだが、最近気づいたのは「泥」は不浄ではないということである。 我が家の径1メートルほどの蓮を活け…

無題の恋歌

・ わかる という言葉をあなたにだけは感じる 誤解だらけの人生の中で あなたは言葉こそ少ないが 俺のつまらぬ人生の座興につきあい 笑うあなたの顔 いや、あなたの笑顔を そのあふれるあなたの笑顔の美しさを 見たくてな おバカを散々やってみた 季節はもう…